忍者ブログ
だらだら思いつくままに香港フィルのコンサートの感想を書いています
 カレンダー 
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 フリーエリア 
 最新CM 
[10/26 ばってん]
[10/25 madame okami]
[06/07 ばってん]
[05/26 Kentaro]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
ばってん
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年より香港在住です
 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年3月にHKPOと共演をし、実にfreshな印象を残してくれたトネッティが
また香港にやってきました。
曲目は次の通り。
モーツァルト; 交響曲第31番”パリ”
R.V.W.; "揚げひばり"、"トーマス・タリスの主題による幻想曲"
ベートーヴェン; 交響曲第7番



ベートーヴェンを除く全ての曲をトネッティはヴァイオリンを弾き振り。
揚げひばりでは見事なsolo演奏を披露。そして"トーマス・タリス"では
1st&2nd Vn, Va, Vcからそれぞれ2名、そしてDbが1名の計9名が
舞台後ろの合唱席に陣取っての演奏。
オケと9人のアンサンブルがとてもよくブレンドされていて、
実に素晴らしかったなぁ。

通称べー7、トネッティの手にかかるとやはり実に斬新。
ベートーヴェンの手から離れて、今まさにこの作品が初めて
演奏されるかのような印象。音楽監督のエドが作り上げるいわゆる
オーソドックな演奏とは全然違いますけど、音楽の可能性や多面性、
HKPOの演奏技術のさらなるレヴェルアップには、
こういうスタイルの演奏は大切だな、って思いました。
なお今夜(5/3)のコンサートにはエドが観客の一人としてホールにいました。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

PR
今年弱冠27歳のチェコ生まれの指揮者ヤクブ・フルサ、
ピアノは1986年チャイコフスキーコンクール優勝者で有名な
バリー・ダグラスによるコンサートを聴きました。



曲目は次の通り。
グリンカ; 「ルスランとリュドミラ」序曲
ラフマニノフ; ピアノ協奏曲第3番
ムソルグスキー(ラヴェル編); 展覧会の絵
チャイコフスキー; 「1812年」序曲

このプロを見ただけで、もうゲップが出そうでしょ(食事中の方、失礼!)
聴いた後の感想もやっぱり、”もう腹いっぱいですがな”、でした。

フルサってのは名前も何も全然知らない指揮者だったけど、
まあ年相応に、そして画像の印象のように、真面目ーって感じ。
もう少し若いんだから、バリバリやってよ!って部分もあったけど、
今後の活躍に期待しましょう、ってとこでした。

プロにあげられた展覧会の絵、ぼくがもっとも好きな作品の一つなのですが、
過去の刷り込みがかなり強烈。
・1980年に聴いたチェリビダッケ&ロンドンSO
http://battenhongkong.hp.infoseek.co.jp/concert/19800427.html

・1986年に聴いたチェリビダッケ&ミュンヘンフィル
http://battenhongkong.hp.infoseek.co.jp/concert/19861017.html
このコンサートの後に起こったこんな出会い
http://battenhongkong.blog.shinobi.jp/Entry/58/

・そして1990年に聴いたショルティ&シカゴSO
http://battenhongkong.hp.infoseek.co.jp/concert/19900417.html

これらの演奏会を持ち出すのは少々反則ですかね・・・。
しかし香港フィルの展覧会の絵、なかなか立派でした。
フォルムもしっかりしていたし、全体の音色もよくバランスとれていました。

前々音楽監督のアサートンもこの展覧会の絵を(しつこい位に)演奏を
していましたが、いつもボケボケな音楽。
それに比べ、このコンサートは本当に急速に香港フィル音楽性の成長性を
実感することが出来ました。

それにしても展覧会の絵の後に1812年を演奏するのはちょっと 余計だったような
気がします。演奏自体はとてもよかったので、心地よい満腹感ではありましたが。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

モーツァルト: ”コシファントッテ”序曲、ヴァイオリン協奏曲第5番
R.シュトラウス: 英雄の生涯
指揮: ローレンス・レネス
ヴァイオリン: 諏訪内晶子



”コシ”は少々軽めの流れだけど、なんとも弦の響きが美しい。
HKPOといえば、「ちょっと弦がねぇー」てのが、ぼくの印象だけど、
この日のストリング勢はいいぞ 。

そんなワクワク感を残して、次は諏訪内晶子の演奏。
5番の演奏する日本人ヴァイオリニストは1985年に広島で聴いた
”広島平和コンサート”以来。 その時のヴァイオリニストは14歳の五嶋みどり。
(当時の事はをここ見て下さい )
彼女の演奏を聴きながらなんとなくレコーディングで聴いたハイフェッツの事を
思い出しました。 そもそもハイフェッツってあんまり好きなヴァイオリニストじゃ
ないのになんでかな?って 思いながら、コンサートプログラムを見たらびっくり。
諏訪内のヴァイオリンはかつてハイフェッツが使っていた1714年製の
ストラリバリウスだって! 楽器の音色の個性がここまではっきり出てくるんですねー。
諏訪内の演奏ですがとにかく安全運転、シートベルトをしっかりつけて時速60km。
リズムやフレーズの切り込みもなく、とにかく淡々というか平べったぁーい。
アンコールで弾いたバッハ、何の印象も残らず・・・。

さてメインの”英雄の生涯”、これは出色の出来でした。
この曲といえば何と言ってもカラヤンの演奏が有名だけど、
レネスの演奏はカラヤンとはまさしく 対局とも言えるもの。
カラヤンの演奏はとにかく絢爛豪華、”カラヤンの生涯”とも呼ばれるほど、
何か勝ち誇ったというか、自己顕示欲丸出し、って演奏だけど、
レネスの演奏は、悩める英雄って感じ。
この作品にはシュトラウスの曲がちりばめられていることから、
30代半ばのシュトラウスがすでに 英雄気取りで作曲したように
とらえてられているけど(そういう風に演奏したのがカラヤン)、
レネスの演奏は若くして超一流の作曲家となったシュトラウスが
これからどのように作曲を 続けていけるだろうか、果たしてこれからも
作品を創りあげることが出来るだろうか、と悩み抜いた末に
この作品を作ったような印象を受けました。
シュトラウスが愛したモーツァルトは35歳で亡くなりましたが、
英雄の生涯が作曲されたのは シュトラウスが34歳の時。
英雄の生涯の後、彼は一曲も交響詩を作曲していませんので、
彼はこれから作曲を続けていく事の節目としてこの作品を
作曲したようにぼくは思えます。

全体の印象はそんな感じでしたけど、決して弱々しいとかそういうものではなく、
一つ一つのフレーズを 実に丹念に、そして旋律の掛け合いのバランスや
ピークや緊張感のもって行き方が実に見事で、 作り込みがとても丁寧で
素晴らしい演奏でした。

1970年生まれのレネスにとって、シュトラウスがこの作品を作曲した年齢と
ほぼ同じということもあり、 どこか共感する部分があったのかもしれません。
ヨーロッパを中心に大活躍をしているレネス、 これからも今までのように
指揮をする機会があるだろうか?とどこか悩みながらも、とにかく指揮を
続けていくしかない(人生ってそういうものですが)、そういった心が
シュトラウスにそしてこの作品に 大きな共感をレネスが覚え、
素晴らしい演奏を生んだのでは、と感じました。
そんな彼の想いをHKPOは実に見事に応えて演奏していたと思います。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=


拍手

01/04(昨日)、ユンディ・リの記者会見に参加しました。



昨年末のDameキリの記者会見には参加者が僅か10人程度だったけど、
ユンディの記者会見はおおよそ100人位集まっていました。
テレビカメラも何台もでており、やはり注目度だけはユンディはあるようです。
でも残念だったのは、音楽的な知識が全くないような質問ばかり。
「毎日どれくらい練習するのですか?」なんてのもあった。

ぼくは彼にはこう質問しました。
「全てが欧米のメンバーと指揮者、欧米メンバーとアジア系指揮者、
全てアジアのメンバーと指揮者、そしてHKPOのようにアジア系と
欧米系の メンバーがかなり混在し、指揮者はオランダ人(エドのことね)など、
コンチェルトで共演するパートナーのスタイルは実に様々ですが、
それぞれの場合にあなたは自分の音楽をどう保っていますか」

彼はこう答えました。
「自分はまだ若く、そして中国人。西洋音楽の背景となっている文化など、
まだまだ知らないことが多いので、様々なパートナーとはよく練り合い、
話し合って音楽を作って行きます。
まさしくチャレンジといっていいのではないでしょうか」

つまりまだまだユンディは自分の音楽を確立したわけでなく、
音楽作りを 模索している、ということが言いたかったのでは、と思いました。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

今日(12/23)、Dameキリ・テ・カナワ&HKPOのコンサートに行きました。
実はコンサートに先立ち、12/19には彼女の記者会見にも行きましたが、
報道関係者は僅か10人足らず おかげで本当に間近で彼女をみましたが、
オーラが違うね、やっぱりDame!
でも意外にきさくな雰囲気がやはりKIWI(NZ出身)のせいかも。



コンサートはまぁさすがというかもう貫禄の歌オンパレードでしたね。
たまたま今朝テレビ朝日の「題名のない音楽会」を見ていたら、
スミ・ジョー(SUMI JO)が”私のお父さん”を歌っていたんだけど、
今晩Dameキリがアンコールで歌った”私のお父さん”とは
全く違う曲に 聞こえましたわ。

2007年のボクの香港フィルを聞くコンサートは01/03のホセ・カレーラスで
始まり、今晩のDameキリでおしまい。
まさしくレニーのWEST SIDE STORYのCDみたいでしょ。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

昨年に続いて今年も行われた香港フィルの野外コンサート、
会場は久々にハッピーバレー競馬場。数年前まではHKPOの
野外コンサートといえば、ずっとこの競馬場だった。
そしてその頃は確か入場券(無料ですが)なんかなくて、
勝手に聴きに行けたはずだけど、今年は去年と同様に入場券を
あらかじめ入手する必要あり。
去年は入場券配布(20,000枚)終了迄3日かかったけど、
今年は僅か1日で無くなったそうです(配布数は15,000枚だけど)。
明らかに香港市民に対してのHKPOの認知度がココ数年で
急激に高まっている現れだと思う。

さてコンサートでは観衆はそれぞれに芝生の上にマットを敷いて、
おやつやお弁当を広げてリラックスムードで素敵な音楽を!
なんだけど、 とにかく寒かったなあ。
ラフマニノフのパガニーニ・ラプソディーを弾いたピアニスト、
この寒さでよく演奏できたよね、って感心。



指揮をしたアサートン、観客の結構な盛り上がりで、
「オレってまだまだいけるじゃん!」ってウキウキしてるんじゃ!?

それにしても去年に比べて、今年の観衆は実にマナーが良かったなぁ。
演奏中おしゃべりする人なんか殆どいないし、変なフライング拍手も、
執拗なブラボーの声もなし。
やっぱり香港島に集まる観衆は 九龍側や新界よりお上品なのかしらん?

「王宮の花火の音楽」のフィナーレには花火はあがるわで、
実に楽しいコンサートでした。

それにしても寒かった・・・。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

2007/2008のスタートを飾るこのコンサート。
休憩を含むとのべ4時間の演奏会、
しかもコンサート形式のオペラだから、
退屈になるかも、と思っていたけど、全然全く!
あっという間のひとときでした。

最初は字幕を追いかけて聴いていたけど、
だんだんわけが分かんなくなりました、とほほ。
でもただただ音楽だけ聴いているだけで、
本当に幸せになれたです。
それにしてもエドの指揮だとなんでこんなに
自然な音楽が奏でられるんでしょう。
R.シュトラウスの音楽を思う存分堪能しました。

幕間はVIPラウンジでフリードリンク&フリーフードが
楽しめたもラッキー。

今シーズンもとても素敵なコンサートに巡り会える
予感を強く感じた演奏会でした。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

2006/2007のグランドフィナーレとなるコンサート、
指揮者はアンドレイボレイコ、Vnはジョシア・ベルで
リトアニアの作曲家ヴァウクスの「痛みの音楽」
(プログラムには「悲しみの音楽」とあるけど、
 dolorosa=痛みという意味なんだけどなぁ)、
チャイコのVnコンチェルト、プロコのSym.5。
一曲目の「痛みの音楽」、ヴァスクス自身がこう語っています。
”これは最も悲劇的な作品です。たった一つの楽天主義も
 希望もありません。あるのは痛みだけ”。
作品の背景にはバルト三国に対する旧ソヴィエトの圧政に
ついて描かれています。
弦楽だけで演奏される作品、悲痛な叫びや慟哭が巧みに表現が
されていたなぁ。ちょっとマーラーSym.10のアダージョや
バーバーのアダージョに影響されたかな?ってとこもあった
けど。それにしてもこの手の弦が主体の作品はHKPOが
もっとも苦手なはずだったのに、いい演奏だったわ。
この作品をちょい聴きするなかこちら。

2曲目のチャイコのVn協奏曲。最初から最後迄ジョシア・ベルで
尽くされたって印象。とにかく腰をクネクネして弾くから、
いいとも青年隊当時の羽賀研二を思い出したわ。
ベルのファンには、クネクネ腰を振られ、dolceな音楽を
奏でてくれるんで、もうたまんないだろうけど、
横でアベックがいちゃいちゃしててうっとうしいなって印象。
でも彼のサウンドは特に高音が美音ですね、すーーーっと
昇ってくるよう(わかるかな?)。

最後はプロコの5番。レニー&IPO、チェリ&ミュンヘンPOと
いう強烈な演奏(LPやCD)で聴いて刷り込みをされているので
果たしてどうなるかと・・・。

指揮者のボレイコ、ニュアンスや旋律の絡みとかをとても
大事にする指揮者だなぁ。そしてやっぱりロシアの血が
騒ぐのか、ダイナミックに鳴らす時はドッシンドッシンと
聴かせてくれますね、Bravo!CDでショスタコのSym.4や
マーラーSym.3を聴いてて、「これはなかなかの指揮者に
違いない」と感じていたけど、期待以上でした。
またHKPOに来てほしいな。エドとはまた全然違うタイプの
指揮者だし、なんか彼の指揮だとHKPOにはカンフル剤に
なるような気がした。

あーあ、2006/2007のシーズンはこれで終わり。
9月の2007/2008シーズン迄待ち遠しいなぁ。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

今日07/01は香港の中国返還10周年。
10年前の香港を思い出してみると、
確かに変わった部分もあるけど、
あんまり変わっていないかなぁ。
それよりあっという間の10年でした。

で、今日はデュトワ指揮の演奏会。
曲はラヴェルの「マメールロア」、
ストラヴィンスキーのVn協奏曲、
そしてリムスキー・コルサコフの「シェエラザード」、
とってもデュトワなプログラム。

凄い演奏でしたね、今聴いているのは本当に香港フィル?
全てがデュトワ色でした。

それにしても彼の指揮というか指示、実に巧みだなぁ。
チェロへのQ出しはボーイングの格好、
金管に出すときのQ出しは手のひらを胸から上に
押す出すようにと、奏者を操るやり方がうまい。
音量やアンサンブルを調整をするときは、指揮棒と左手、
体の姿勢や指揮台の自分の立ち位置まで使っている。

彼の要求に応える香港フィルも見事だったなぁ。
とりわけデリカシーに富んだ「マメールロア」が
素晴らしかった。騒ぎ立てず、実にノーブル。
でも決して痩せていない。

実はさほどデュトワのコンサート、期待もせずに行ったのです。
数年前同じ香港文化中心で彼がN響を指揮したコンサートに
行って、「なんだこりゃ」って思ったんで。
音楽監督をつとめるオケを連れて、この程度の演奏しか
出来ないのか、って正直思ったんです。
しかし今日聴いて気がつきました。
原因はN響がボンクラというか、指揮者と音楽を創りだそうと
していないから、何も感動も何もしなかったんだと。

それから最近になってなんかおかしいな、って思ったんすよ、
N響で聴かせた程度の指揮者が何故ロイヤルフィルや
フィラデルフィアOのような超名門のシェフになるのかって。

やはり凄い指揮者だったんだな、デュトワは。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

23/Juneのコンサートに行ってきました。

指揮者; ステファヌ・ドゥネーヴ
プログラムはチャイコフスキーとプロコフィエフの
「ロメオとジュリエット」、10年程前に亡くなった オランダの作曲家、
トリスタン・ケウリスの サクスフォン四重奏とオーケストラのためのコンチェルト。

ステファヌ・ドゥネーヴのことは全く知らなかったんだけど、
名門ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オケの 音楽監督だそうです。
なお風貌は「赤毛のジェームズ・レヴァイン」って感じ。



1曲目のチャイコフスキーの通称「ロミジュリ」の導入部 数分を聴いただけで、
この指揮者の恐ろしい程の才能を 実感しました。緊張感とその緊張から
解放される瞬間に 発するエネルギーの度合いが見事にコントロールされている。

2曲目のコンチェルト、ちょっとmusical adventureって 感じで、なんとなく退屈。
でもアンコールで弾かれた バッハの「トッカータとフーガ」、サクスフォン四重奏で
聴くととても新鮮で、かつバッハの作品の素晴らしさを 改めて実感。
バッハってどっかjazzyなんだよね。
いろんな編曲(ロックやジャズ、フージョンなどなど)すると、 また新しい音楽が創造される。

3曲目のプロコフィエフの「ロミジュリ」、圧倒されたね。
ダイナミズムと繊細さが見事に表現されており、 とにかく聴いていて、
何度も唖然とさせられました。

ステファヌ・ドゥネーヴ、今後彼の活躍ぶりは要注意!です。
赤毛のレヴァインには気をつけて

なお客席にはドゥネーヴが手兵とNAXOSにルーセルの 作品を録音した関係か、
クラウス・ハイマンNAXOS社長と 西崎崇子夫人がいらしてました。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]