忍者ブログ
だらだら思いつくままに香港フィルのコンサートの感想を書いています
 カレンダー 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 フリーエリア 
 最新CM 
[10/26 ばってん]
[10/25 madame okami]
[06/07 ばってん]
[05/26 Kentaro]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
ばってん
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年より香港在住です
 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
[46]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [52]  [40]  [39]  [38]  [37
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

23/Juneのコンサートに行ってきました。

指揮者; ステファヌ・ドゥネーヴ
プログラムはチャイコフスキーとプロコフィエフの
「ロメオとジュリエット」、10年程前に亡くなった オランダの作曲家、
トリスタン・ケウリスの サクスフォン四重奏とオーケストラのためのコンチェルト。

ステファヌ・ドゥネーヴのことは全く知らなかったんだけど、
名門ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル・オケの 音楽監督だそうです。
なお風貌は「赤毛のジェームズ・レヴァイン」って感じ。



1曲目のチャイコフスキーの通称「ロミジュリ」の導入部 数分を聴いただけで、
この指揮者の恐ろしい程の才能を 実感しました。緊張感とその緊張から
解放される瞬間に 発するエネルギーの度合いが見事にコントロールされている。

2曲目のコンチェルト、ちょっとmusical adventureって 感じで、なんとなく退屈。
でもアンコールで弾かれた バッハの「トッカータとフーガ」、サクスフォン四重奏で
聴くととても新鮮で、かつバッハの作品の素晴らしさを 改めて実感。
バッハってどっかjazzyなんだよね。
いろんな編曲(ロックやジャズ、フージョンなどなど)すると、 また新しい音楽が創造される。

3曲目のプロコフィエフの「ロミジュリ」、圧倒されたね。
ダイナミズムと繊細さが見事に表現されており、 とにかく聴いていて、
何度も唖然とさせられました。

ステファヌ・ドゥネーヴ、今後彼の活躍ぶりは要注意!です。
赤毛のレヴァインには気をつけて

なお客席にはドゥネーヴが手兵とNAXOSにルーセルの 作品を録音した関係か、
クラウス・ハイマンNAXOS社長と 西崎崇子夫人がいらしてました。

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]