忍者ブログ
だらだら思いつくままに香港フィルのコンサートの感想を書いています
 カレンダー 
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 フリーエリア 
 最新CM 
[10/26 ばってん]
[10/25 madame okami]
[06/07 ばってん]
[05/26 Kentaro]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
ばってん
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年より香港在住です
 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
[37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29]  [28]  [27
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モーツァルト; 交響曲35番”ハフナー”、ピアノ協奏曲25番
ベートーヴェン; 交響曲5番
指揮; ヤープ・ヴァン・ズウェーデン
ピアノ; イゴール・ロマ

先週に引き続いてまたズウェーデン指揮の香港フィルを聴く。
先週のプロとは違い、ある意味とてもオーソドックスなプログラム。
しかし結果は・・・、こんなベートーヴェン聴いたことないぞ!とまたまた度肝を抜かれました。
弦にはあまりビブラートをかけささず、かといってピリオド奏法ってこともないんだけど、
ノンビブラートだと、一音一音がナマナマしいし、アンサンブルが良いか悪いか、
すぐわかっちゃいますね。そして旋律の流れや、フレーズの繋がりがノンビブラートだと、
ストレートに伝わってくる。こんな演奏方法に加えて、ズウェーデンが
音楽の長短・強弱にこれでもか、っていうほどメリハリをつけてくるから、
今迄何度聴いたかわからないベートーヴェンの5番、ズウェーデンの演奏で
何か新しく生まれ変わったというか、違う曲をきいているような錯覚に陥った。

この演奏会、彼は自分が首席指揮者・芸術監督を務める
オランダ放送フィル(前任者はエド・デ・ワールト)からコンサートマスターを招聘した。
実は先週のコンサートではテンシュテット時代のロンドンフィルのコンマスだった
デビッド・ノーランがゲストコンサートマスターでした。
なんでこういうことが出来るかと言うと、信じられないと思いますが、
香港フィルの2005/2006のシーズン、オケにはコンマスがいません。
昨シーズン突如韓国人コンマスが退団した後(契約中にも関わらず
別のオケと契約をしたため)、適切なコンマスが見いだせなかったので、
今シーズンは全てコンマスをどこかから招聘して運営するという、
ちょっと考えられない事態となっています。

香港フィルの演奏会、ビッグな共演者(ヨーヨーマとか)とのコンサート以外、
決して満員というか当日券無し、ってことは起こらないのですが、
今回のコンサート、そんな特別なことは何もないのに、満員で当日券の
販売がありませんでした。それほど有名でない指揮者とピアノソリストなのに、
こういうことになったかと言うと、やはり先週のショスタコヴィッチが
強烈だったので、人づてにチケットを買い求める人が多くいたのでしょう。

2週連続してズウェーデンの指揮を楽しみましたが、本当に凄い指揮者が
登場したものですね。何かクライバーとアーノンクールが合体したような指揮者です。
これからズウェーデンから目が(耳が)離せません!

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]