忍者ブログ
だらだら思いつくままに香港フィルのコンサートの感想を書いています
 カレンダー 
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 フリーエリア 
 最新CM 
[10/26 ばってん]
[10/25 madame okami]
[06/07 ばってん]
[05/26 Kentaro]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
ばってん
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年より香港在住です
 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

モーツァルト; 交響曲1番、ピアノ協奏曲27番、ロンド(K.511)
ハイドン; 交響曲98番
指揮&ヴァイオリン; ジョン・ハーディング
ピアノ; デビッド・トン

今回指揮とヴァイオリンをつとめるハーディング、彼は
来シーズン(2006/2007)から、香港フィルのコンサートマスターに
就任することが決まっています。エドがかつてのシェフだったシドニーSOで、
ハーディングはコンサートマスターを務めていましたから、
その意味ではエドの音楽をよく知ったコンマスが香港フィルを
共に率いるということになりますね。
指揮も出来るコンマスなので、副指揮者がいない香港フィルにとっては、
その点からも心強いです。

 

コンチェルトとロンドを弾いた澳門(マカオ)生まれのトン。
全く印象も残らず。何しにきたの?って感じでノーコメントです。
指揮者ハーディングですが、正直凄い指揮者!ってわけではありません。
別に悪いって意味じゃなくて、そつなくまとめる、ってそんな感じ。
マーラー4番を豪ABCからCD出しているのですが、どうなんでしょう。
演奏それ自体よりおもしろかったのが、ハイドンの98番。
2楽章にはGod Save the Queenは出てくるわ、終楽章には
チェンバロがチョロチョロと奏でられるわ(少年モーツァルトが
ハイドンの作品に降臨したかのようにイメージしたのですが・・・)、
ハイドンのアイデアの豊富さには、驚かされます。
やはりハイドンのシンフォニー全曲(104番&α)を聴くべきでしょうか?

=mixiに香港フィルのコミュを立ち上げています。是非ご参加ください!=

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]