忍者ブログ
だらだら思いつくままに香港フィルのコンサートの感想を書いています
 カレンダー 
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 フリーエリア 
 最新CM 
[10/26 ばってん]
[10/25 madame okami]
[06/07 ばってん]
[05/26 Kentaro]
 最新TB 
 プロフィール 
HN:
ばってん
性別:
男性
職業:
半導体商人
自己紹介:
1996年より香港在住です
 バーコード 
 ブログ内検索 
 カウンター 
[17]  [197]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10]  [9]  [8
 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

シュトラウス・ファミリー; ワルツ・ポルカ・マーチなど色々
レハール; 「メリー・ウイドー」より
R.シュトラウス; 「薔薇の騎士」組曲、「サロメ」から7つのベールの踊り
指揮; エド・デ・ワールト
ソプラノ; アメリア・ファルージア

ずばりプログラムはニューイヤーコンサート、しかもR.シュトラウスのおまけ付き。演奏はやはり本場ウィーン・フィルと較べるまでもないけども、まぁ正月だし楽しく聴きましょう、ってとこですか。ウィーンではマゼールがスマトラ沖津波の被災者追悼のため、ラデッキーマーチを外したそうですが、香港ではばっちり演奏しました。しかも2回!最初は手拍子があまり揃わなかったのですが、2回目の演奏ではデ・ワールトの緻密な指揮で、観客の手拍子が強弱・緩急に富んだ見事なアンサンブルの演奏(?)となりました。

ニューイヤーには少々場違いなサロメ、実は1月末にコンサート形式でサロメ全曲を演奏するのですが、それに先駆けて、「7つのベールの踊り」が元々のプログラムにはなかったものの、演奏されました。実に濃厚で陰影に富んだ演奏でした。

12月にはデ・ワールト家族も無事香港に引越が完了し、これから名実共にデ・ワールト&香港フィルの時代が始まります、ワクワク。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:

Template by ららららいふ / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」

忍者ブログ [PR]